桜の枝払い剪定@札幌市白石区

今日は過去にも2度ご利用下さっておりますリピーター様宅で、桜の木の枝払い剪定を行わせて頂きました。
1本はお隣のアパートに面した場所にある桜で、枝葉が伸びることで2階住居者のまどにかかってしまっていることを奥様が気になされ、2階の窓にも日光が十分に差し込むくらいに枝木を切って欲しいとご希望下さりました。
そしてもう1本は道路に越境しそうな枝を敷地内に収めつつ、可能な限り小さくするといった枝払い剪定を2本行わせて頂きました。

まずは到着後、予定よりも少し早めに着いたため先に道具の準備に取り掛からせて頂きました。するとお客様が気づいて下さり、ご挨拶を行わせて頂き、そのままブルーシートを敷き詰め作業を開始させて頂きました。

まずは1本目のお隣のアパート側の枝払いです。

枝払い剪定前 桜

こちらは3階部分まで枝葉が伸び、8mほどの高さにまで育っておりました。それを2階の窓付近(5.5mくらい)にまで詰めて枝葉を透く剪定を行わせて頂きました。

枝払い剪定後 桜

まずは幹に2連梯子を掛け、高さを詰める作業から行いました。手ノコで高さを詰め、2階の窓付近の枝葉を払いました。また、幹から離れた場所は12尺の三脚を使ったり、物置の上にあがらせて頂き作業を行いました。

そして2本目の桜は道路沿いにある桜で、越境した枝葉を払い落しつつ、小さく仕立て直しました。主には12尺の三脚を使って手ノコと剪定ばさみで作業を行いました。

枝払い剪定 桜
枝払い剪定 桜

道路側の枝払いだけでなく、高さも詰めて、広がり過ぎた枝を短く切り戻し、枯れ枝なども処理して作業を完了致しました。

作業終盤には冷たい雨が落ちてきたのですが、最後の片づけの時くらいで、ほとんど濡れることなく作業が完了したのですが、そのことについてもお客様がお気遣い下さり本当にありがとうございました。
また次回、ライラックやカイヅカイブキなど、よろしければお声がけ頂けると光栄です。本日はありがとうございました。

AM.ヤマボウシの剪定@札幌市西区、PM.もみじなどの枝払い剪定@札幌市厚別区

今日は午前中にリピーター様宅でヤマボウシの剪定を行わせて頂き、午後からはもみじとカツラの木を小さく枝払いする剪定作業を行わせて頂きました。

AM.ヤマボウシの剪定@札幌市西区

まずは1件目のお客様です。こちらのお客様は2年に一度のペースでお声がけ下さっているリピーター様で今回で3度目のご利用となります。今回も玄関前の株立ちになったヤマボウシの剪定をご依頼下さり、全体的に小さく形を整えつつも、枝葉を透くなどの作業を行わせて頂きました。

剪定前 ヤマボウシ
剪定後 ヤマボウシ

まずはご挨拶の後、ブルーシートを敷き、作業を開始致しました。12尺の三脚を用いて剪定ばさみで高さを決め、そこから形を整えながら枯れ枝や絡み合った枝などをどんどん透いていきました。この作業をヤマボウシを中心に外側を一周するように進めていき、最後に微修正を行って作業が完了です。
年々成長が早まるヤマボウシに、今まで通り2年に一度の剪定でいいのか、毎年の方がいいのかをお客様も迷われているご様子でしたが、来夏の成長度合いによってもしご希望頂ける場合は9月頃にご連絡を頂き、9月、10月、11月頃に作業を承らせて頂けると光栄です。今後ともどうぞよろしくお願い致します。今回もご利用下さりありがとうございました。

PM.もみじなどの枝払い剪定@札幌市厚別区

続いては先日ホームページをご覧になり、お問い合せ下さりました新規お客様宅で、枝払い剪定を行わせて頂きました。
今回は大きくなったモミジやカツラの木をお客様ご自身で管理が出来るよう小さく仕立て直していきたいというご希望を頂きました。
もちろん強く切ることで、来春以降で爆発的に枝葉が伸びる恐れなどもお伝えしたうえで、今回は5mほどあるもみじを2.5mほどに詰める作業を行わせて頂きました。

枝払い前 もみじ
枝払い後 もみじ

今回は木の高さをお決め頂いていたので、もみじの木にスタッフ(工業用メジャー)を立てかけ、その高さになるように枝葉を手ノコである程度払いつつ、太い枝は小型チェーンソーを使って払い落していきました。
また細い枝や葉もいくつか残しつつ、形を整えるため剪定ばさみで剪定し、枝払い作業を終えました。また、剪定後はいくつかの枝の切り口が大きいため、癒合剤を塗布して切り口を保護させて頂きました。
また、写真にはありませんが、カツラの木の幹を半分の高さに詰める作業も同時に行わせて頂き、小型チェーンソーで幹を切ったあと、こちらも切り口に癒合剤を塗布して作業を完了しております。
今回はご利用下さりありがとうございました。また帰り際には複数の飲み物まで持たせて下さり感謝申し上げます。

モミジとイチイの伐採作業@札幌市東区

今日は以前ホームページをご覧になり、お問い合せ下さりました新規お客様宅で、もみじとオンコの伐採作業を行わせて頂きました。
もともとは剪定をして残すか、伐採してしまうかを迷われていたご様子でしたが、今までは伸びた枝葉をご家族様でお手入れされていたとのことでしたが、モミジの成長は早く、しかも年々成長するにつれて伸びる勢いも増すことから、今回はモミジとイチイの両方を伐採することとなりました。

まずは到着後、ご挨拶の後、ブルーシートを敷いて作業を開始致しました。
8尺と2連梯子を立てかけて、小型チェーンソーで細めの枝葉をどんどん払い落していきました。そして枝葉がある程度払い終えた状態で、今度は残った太枝と幹を大型チェーンソーで輪切りにしならがら切り進め、伐採作業が完了です。
この作業をモミジとイチイの両方に施し、ご依頼下さっておりました作業を完了致しました。

伐採前 モミジ、イチイ
伐採後 モミジ、イチイ

作業後、お庭をご覧になられたお客様もスッキリしたとお喜び下さりました。これから冬に向かってどんどん太陽の位置が低くなりますが、南側の背の高い庭木を伐採することで、お部屋中にも温かい日差しが入り、より明るくなると思います。
また帰り際には飲み物の差し入れもして下さりありがとうございました。
機会がありましたらまたご連絡頂けると光栄です。本日はありがとうございました。

ヤマボウシ、夏ツバキ、もみじの剪定@札幌市西区

今日は4年前にもご利用下さっておりますリピーター様宅で、ヤマボウシ、夏ツバキ、もみじのいずれも高木の剪定を行わせて頂きました。
ヤマボウシと夏ツバキは6mほどまである高さを4~4.5mくらいの高さにまで詰め、もみじも4mほどの高さにまで詰めて全体を透かす剪定を行わせて頂きました。
まずは到着後、お客様にご挨拶ののち、出来る限り小さく、枝葉も道路側にあまりせり出さないよう剪定させて頂く旨を確認させて頂き、ブルーシートを敷いて作業を開始致しました。

剪定前 ヤマボウシ、夏ツバキ
剪定後 ヤマボウシ、夏ツバキ

道路に面した場所にある庭木のため、まずは道路側から2連梯子を使って高さを詰めたり、道路側の枝を払う作業を行いました。
そしてヤマボウシと夏ツバキの道路側からの作業を終え、今度はお庭側から2連梯子と12尺の三脚を使って剪定を行っていきました。
また、夏ツバキは幹の芯止めも行わせて頂き、切り口が大きくなったため、殺菌消毒保護に有効な癒合剤を塗布して、切り口を保護させて頂いております。

剪定前 もみじ
剪定後 もみじ

続いてもみじの剪定です。こちらはヤマボウシや夏ツバキと比べると少し奥まった場所に植えられていたため、すべてお庭内からの作業を行いました。
2連梯子を幹に立てかけ、木登りで高さを詰め、あとは12尺の三脚を使って木の周りを1周するように剪定を行いました。また、一部、車庫の屋根に上らせて頂き作業を行わせて頂きました。
作業後は、お庭で少しお話もさせて頂け、また帰り際には複数の果物まで持たせて下さりありがとうございました。
また次回も、お声がけ頂けると光栄です。今回もご利用下さりありがとうございました。

桜の木の伐採@札幌市

今日は以前ホームページをご覧になり、お問い合せ下さりました新規お客様宅で、7m以上あります大きな桜の木の伐採を行わせて頂きました。
7mという高さについてもかなり大きいのですが、今回の桜は幹の直径が50cmほどあるかなり太い木で、そこから四方八方へと外に向かって伸びる太枝も直径20cm以上あり、近くには電線や電話線、お隣様の外壁やお客様宅の外壁、道路など、かなり慎重に作業を行う必要のある桜でした。
ですので、お見積り時より、2連梯子を使って作業が出来なかった場合は、高所作業車を入れさせて欲しい旨をお伝えしたうえで今回の作業となりました。

まずは到着後、ご挨拶ののち、作業の進め方などを簡単にお伝えしたうえで、歩行者の方が桜の木の下に近づかないよう、道路にブルーシートを敷き、作業を開始させて頂きました。
作業に関しましては、8m超まで伸びる2連梯子と、5m超まで伸びる2連梯子の2本を使い分けながら、電線や電話線、お隣様やお客様宅の外壁、近くを通りかかる車や人など、細心の注意を払いながら、手ノコで枝葉を払い、少し太めの枝は小型チェーンソーで払い、太枝と幹のみの状態になった時点で、12尺の三脚を用いて大型チェーンソーで伐採していきました。
ものすごく太い幹から、一般的な庭木の桜が5本ほど生えているような印象の巨木で、まる1日かけて1本の桜を伐採しました。

伐採前 桜
  伐採後 桜

作業中、何度も様子を見に来て下さったり、作業の終盤には枝葉や幹などのゴミ集めや掃除などをご一緒にお手伝い下さるなど、かなりバテ気味のタイミングでお力をお借りでき、本当に助かりました。ありがとうございました。
また、ここまで大きな桜だったということで、作業中も、ご近所の方が代わる代わる様子を見学に来られるなど、色んな方とお話させて頂きながら1日を過ごしました。

今回は他社様との相見積もりというお話を伺っており、他社様の3分の1ほどの料金で作業を行わせて頂けたことや、作業をご覧下さっていたお客様に、さすがプロだね!と、お声がけ頂けるなど、かなり疲れはしたものの、お陰様でかなり充実した仕事を行わせて頂けました。
また機会がありましたら、お声がけ頂けると光栄です。本日は本当にありがとうございました。

サクランボの枝払い剪定@札幌市厚別区

今日は先日ホームページをご覧になり、お問い合せ下さりました新規お客様宅で、サクランボ2本の枝払い剪定を行わせて頂きました。
お見積り時にはもともと伐採をご希望下さっており、そのお見積りをご提示させて頂いていたのですが、その後、ご家族様とも改めてお話合いになられ、記念樹として植えられた要素もおありだったということで、今回は伐採で意図的に処分するのではなく、万が一枯れてしまう可能性がゼロではないことをご理解頂いたうえで、幹とほんの少しの枝葉のみを残し、1,2段の脚立があればお手入れ出来るくらいにまで小さく枝を払わせて頂きました。

まずは到着後、お客様とどのくらいの大きさにするのかなども含めたお打ち合わせをさせて頂き、ブルーシートを敷いて作業を開始致しました。
作業につきましては8尺の三脚から小型チェーンソーを使い、片手で持てる程度の少しまとまった枝ごとにチェーンソーで払っていきました。
そして途中、お客様にもご確認頂き、ご希望なども伺いながら枝払い作業を終え、最後に大きな切り口に癒合剤(殺菌消毒保護剤)を塗布して作業を完了致しました。

枝払い剪定前 サクランボ2本
枝払い剪定後 サクランボ2本

また作業途中に飲み物の差し入れをして下さりありがとうございました。切った太枝を材料に、加工なさるとのことで、太枝をいくつか置いていかせて頂きました。今回はご利用下さりありがとうございました。また機会がありましたらお声がけ頂けると光栄です。本日はありがとうございました。

トチの木、ヤマボウシの剪定など@札幌市厚別区

今日は以前ホームページをご覧になり、お問い合せ下さりました新規お客様宅で、トチの木の剪定と、ヤマボウシ2本の剪定、玉ツゲの伐採作業を行わせて頂きました。
まずは到着後、ご挨拶をさせて頂いたうえで、それぞれの庭木をどのように剪定していくのかを打ち合わせさせて頂きました。
そしてブルーシートを敷き詰め作業を開始させて頂きました。

作業前 ヤマボウシ・トチの木剪定、玉ツゲ伐採
作業後 ヤマボウシ・トチの木剪定、玉ツゲ伐採

まずは12尺の三脚から気に足を掛け、幹からの芯を止めて庭木の天端を決めました。そして天端付近の枝をどんどん切り落しました。
また幹から離れた枝葉は12尺の三脚から剪定し、庭木の周りを1周しながら剪定を終えました。
またヤマボウシはトチの木側の枝葉が育ってなく、そちら側の枝葉が少し弱いのですが、全体的に一回り小さく形作っていきました。
また低い場所にある玉ツゲ3本のうち、1本を伐採致しました。

剪定前 ヤマボウシ
剪定後 ヤマボウシ

続いてもう1本のヤマボウシの剪定です。
こちらは木自体を小ぶりにすると形が崩れてしまうものでしたので、枯れ枝のほか、濃い枝葉をかなり透くことですっきり小ぶりに見えるように剪定させて頂きました。また、夏は多少なりともアブラムシがついているらしく、その際の対処方法などをお伝え致しました。

また作業が終わったあと、コニファー13本の剪定もご希望下さり、来春作業をご検討頂けるようお伝えし、お見積りをさせて頂きました。
本日はありがとうございました。もしよろしければ来春お声がけ頂けると光栄です。

草刈り作業@札幌市清田区、除草剤散布作業@札幌市南区

今日はいつも清田区のご自宅のお庭の草刈りをシーズン中3度もご利用下さりつつ、南区のご実家の除草剤散布をシーズン中2度ご利用下さり、さらには成長に応じて剪定や伐採、草刈りをご依頼下さりますリピーター様宅で、今日は朝から御自宅の草刈り作業を、そして午後からはご実家の除草剤散布作業を行わせて頂きました。

ありがたいことに、いつも当方のスケジュールの都合にて作業日を決めさせて頂いており、今日朝から清田区にありますご自宅の草刈りから行わせて頂きました。

草刈り作業前
草刈り作業後

今回は夏雑草ということで、かなり葉の細めな雑草が多く、草刈り機の刃にまとわりつくような感じで少し時間を要しましたが、まずは一度全体的に草を刈り、草ごみを集めてからさらにもう一度草刈り機で刈り残した雑草を刈り、ブロアーで細かな草ごみも集めて作業を完了しました。

そして午後から3件のお見積りに伺わせて頂いたのち、南区にありますご実家の除草剤散布作業に伺わせて頂きました。
今年は春先の様子を見る限り、草刈りや剪定などは不要かなと思っていたのですが、思ったよりこの夏に樹木の枝葉が伸びており、お客様にも写真を添付の上、その旨をLINEにてご報告させて頂きました。
作業自体は6kgの微粒子状の除草剤をお庭の雑草周りに散布させて頂き作業を完了しております。

除草剤散布

いつもご利用下さり本当にありがとうございます。今シーズンも御自宅とご実家合わせると合計5度に渡りご利用下さりました。
また来シーズンもよろしければ引き続きお声がけ頂けると光栄です。本日もありがとうございました。

AM.野村もみじの剪定@札幌市豊平区、PM.野村もみじなどの剪定@札幌市厚別区

今日は午前中に豊平区にお住いの新規お客様宅で野村もみじの剪定を行わせて頂き、午後からは本日の午後と明日の1.5日作業予定で、厚別区にお住いの新規お客様宅で、野村もみじやライラック、ムクゲの剪定を行わせて頂きました。

AM.野村モミジの剪定@札幌市豊平区

まずは1件目のお客様です。こちらのお客様は以前ホームページをご覧になり、LINEにてもみじの写真を添付のうえ、剪定のご希望をお知らせ下さりました。お見積り後、作業をお任せ下さるとのご連絡を頂戴し、秋の剪定シーズンまでお待ち頂いて、本日作業を行わせて頂きました。
朝、到着後、御主人様にご挨拶のうえで、どのくらいの大きさに剪定をしていくのかをお伝えし、ある程度のお打ち合わせを行わせて頂いたうえで作業を開始しました。

剪定前 野村もみじ
剪定後 野村もみじ

今回は出来る限り小さくしたいというお客様のご希望を伺い、小さくすることで木が弱ったり、翌年爆発的に徒長する枝が発生するリスクなどもお伝えしたうえで、上を強く切り落とし、下枝を育てることでもみじの木を低く育てていくというプランで作業を行わせて頂きました。樹齢もある程度の年数が経過しているのか、幹以外にも太い枝が3本あり、将来はその太い枝も落として、低い場所から出てくる新しい枝に世代交代していく計画をしております。
作業自体は、ブルーシートを敷いて、一部小型チェーンソーも使いつつ、剪定ばさみと手ノコで作業をすすめ、大きな切り口には癒合剤を塗布して作業を完了しております。
作業前後のお立ち合いだけでなく、作業をしやすい様にとお車をご移動下さりありがとう剤ました。また、お支払いにPayPayをお選び下さり、久しぶりのPayPayのQRコードの出番で、導入した甲斐があったと少し嬉しかったです。また3年後あたりでしょうか。太枝が伸び、樹形が崩れてきた際に、お声がけ頂けると光栄です。本日はありがとうございました。

PM.野村もみじなどの剪定@札幌市厚別区(0.5日目/1.5日作業予定)

続いて札幌市厚別区の新規お客様宅での作業です。こちらのお客様はホームページをご覧になり、お問い合せ下さったお客様で、大きな野村モミジのほかに、桜やモクレン、ライラック、ムクゲ2本など、沢山の剪定作業をご依頼下さりました。
本日は野村もみじをはじめ、ライラックとムクゲの剪定を行わせて頂きました。

剪定前 野村もみじ
剪定後 野村もみじ

到着後、お客様が出て来て下さったので、ご挨拶のうえ、作業内容のご確認を頂き、作業を開始しました。
まずは写真にあります野村もみじの剪定を行わせて頂きました。
ブルーシートを敷き詰め、12尺の三脚と8尺の三脚を用いて、道路側からと、お庭側からの両方から作業を行わせて頂きました。出来るだけ小ぶりにというご希望も頂いており、徒長枝や枯れ枝を落としたうえで、高さを1.5mほど詰めつつ、全体的に枝を透いてスッキリさせていきました。
途中、雨が降ってきた中で、お客様がご心配下さりお声がけ下さるだけでなく、飲み物の差し入れまでして頂き、本当にありがとうございました。
また作業後もお立合い頂いたうえで、今日の作業後のご確認と、明日の作業内容の簡単なお打ち合わせを行い、本日は失礼させて頂きました。
本日はありがとうございました。明日もどうぞよろしくお願い致します。

桜ともみじの剪定@石狩市

今日は以前ホームページをご覧になり、お問い合せ下さりました新規お客様宅で、6m弱の大きな桜の木と、もみじの剪定作業に伺わせて頂きました。
お見積り時より、今回はお客様のご希望で、どちらも可能な限り小さくさせて頂くような強めの剪定を行わせて頂く予定で伺わせて頂きました。

まずは朝、到着後、お客様が外に出て来て下さり、6m弱の桜を3.5mほどに詰めて全体を小ぶりに仕立て直すといった、お見積り時にお話した内容の確認をご一緒に行わせて頂き、ブルーシートを敷き詰めて作業を開始致しました。

剪定前 桜

まずは大きな桜の剪定から行わせて頂きました。写真では分かり辛いのですが、木の奥に車庫があり、その車庫の屋根の上へとせり出した太い枝を今回は切り落とすことになり、まずはその作業から行いました。12尺の三脚と2連梯子、そして時より車庫の上に登らせて頂き、作業を行いました。
その後、写真にも写っています工業用ものさし(スタッフ)で3.5mの高さを示した状態で高さを詰め、全体のバランスを見ながら枝葉を短く切り詰めていきました。今回は剪定といいながらも、ものすごく枝も太かったため、小型チェーンソーや手ノコも使いながら作業を行わせて頂きました。

剪定後 桜

そして当初は3.5mまで高さを詰めるつもりでしたが、そうするとあまりにも枝数が減るため、お客様にもご相談のうえで、3.8mくらいの高さで仕立てさせて頂きました。そして大きな切り口に癒合剤を塗布して作業は完了です。

続いてモミジの剪定です。こちらも3.5mほどあったものを2mほどにまで詰め、お隣様側へとせり出しそうな枝を強めに切らせて頂き、一回り小ぶりに形作っていきました。

剪定前 もみじ
剪定後 もみじ

こちらも太めの枝を切るときには小型チェーンソーも使いながら、高さを詰めて、全体のバランスをみながら枝葉を透いて形作っていきました。

今回お声がけ下さりお見積りにもお立合い下さったお客様と、そのご家族様もご一緒に作業前後でお立合い下さっては、お庭のことなどを色々お話下さりました。また、途中、沢山のお菓子や飲み物を差し入れして下さったり、お声がけ下さるなど、色々とご配慮下さりありがとうございました。
また機会がありましたらお声がけ頂けると光栄です。本日はありがとうございました。