桜の木の剪定@札幌市東区

今日は以前ホームページをご覧になりお問い合せ下さりました新規お客様宅で、桜の木の剪定作業を行わせて頂きました。
今回のご依頼はお隣様などへ越境した枝や歩道側へと越境した枝を強めに払い落し、全体的に小さくしたいというご要望で、もともと8.5mほどまで成長していた桜の木を4.5mほどの大きさに詰めて形作らせて頂きました。

朝、予定よりも少し早く到着してしまったのですが、お客様が出て来て下さり、もともとお隣の敷地の車のご移動をお客様がお願いして下さっていたのですが、私の到着が早まったことで、予定していた時間より早くに車を移動してもらえるようお願いして下さったり、お客様のお車も作業がしやすい様にとご移動下さるなど、お気遣い下さりありがとうございました。
作業ですが、まずはご挨拶と簡単な作業内容のご確認のあと、ブルーシートを敷き詰め、12尺の三脚と2連梯子を使って剪定をしていきました。
まずはお隣の敷地へと伸びていこうとする枝を払い落し、天端となる4.5m付近のところで芯止めし、後は桜の木の周りを1周しながら剪定作業進めていきました。
また、剪定後、大きな切り口には癒合剤を塗布し、細菌などによる腐れ防止策を取らせて頂きました。

作業前 桜剪定(正面より)
作業後 桜剪定(正面より)
作業前 桜剪定(横から)
作業後 桜剪定(横から)

作業前後でご主人様、奥様が表に出て来て下さり、作業中も長時間にわたり寒空の下、ご主人様がお立合い下さりました。ありがとうございました。
また機会がありましたらご連絡頂けると光栄です。この度はご利用下さりまして本当にありがとうございました。

冬囲い作業@札幌市西区

今日は毎年のように冬囲い作業、冬囲い外し作業、夏剪定や秋剪定などをお任せ下さっているリピーター様宅で、冬囲い作業に伺わせて頂きました。
昨晩から今朝にかけてもさらに積雪量が増え、作業が出来るか不安もありましたが、昼前より天気が良くなる予報となっていたこともあり、予定通り作業に伺わせて頂きました。

黒松の雪吊り

まずは玄関前にあります黒松の雪吊りから行いました。焼き丸太の先から縄を垂らし、黒松の下枝とを結んで枝を少し吊り上げるような格好で行っていきます。
また通りからも目立つ場所にあるということから、焼き丸太の先に藁ぼっちを付けて、見ても楽しめるように吊らせて頂きました。

冬囲い 三又絞り

続いて門を入り、玄関アプローチにありますドウダンツツジ、サツキ、オンコなどの冬囲いです。竹3本、または4本で組み、三又、四又絞りにして枝木が折れないように囲わせて頂きました。

冬囲い作業後

続いて中庭の冬囲いです。
背が高くて枝が細い西洋石楠花は、比較的枝が折れやすいので竹4本を使ってしっかり囲い、段作りのヒャクヒョウヒバは雪吊りにして、下枝をしっかり吊っております。モンタナマツやオンコには防風ネットを掛けて寒さからも守れるようにさせて頂きました。
作業前と比べると雪の量が半分くらいになるまで雪どけが進みました。
明日からまた少し暖かくなるそうで、一旦は積雪も完全に溶けてくれるかと思います。

今日は雪の中、寒いのにごめんね!と、お客様がとても気にして下さっておりました。防寒対策は万全なので寒い思いはしていないのですが、途中、温かい飲み物やお菓子の差し入れまでして下さりありがとうございました。
また来春、冬囲い外しの作業で伺わせて頂きます。今シーズンもお世話になりました。ありがとうございました。