桜の剪定@石狩市

今日はリピーター様宅で桜の木の剪定を行わせて頂きました。
こちらのお客様はもともと12/15(火)に予定をさせて頂いていたのですが、今日の夜あたりから真冬並みの寒気が入り込むという予報になっていたため、前倒しで本日作業を行わせて頂きました。

到着後、少し雪が降っていたためトラックでしばらく待機させて頂いたのち、ご挨拶をして作業を開始致しました。

剪定前 桜

まずはブルーシートを敷いて8尺の三脚を立て、作業を開始しました。
もともと4m強あった高さを3m弱にまで詰め、多く出て来ている枝数を透くことと、幹の株元から二股に分かれているのですが、その分かれ目のところで樹皮が一部腐っていたため、外へと広がった太枝を短く切り、分かれ目が割けていかないようにする剪定を心がけました。

剪定後 桜

剪定後は大きな切り口と、幹の分かれ目の割けた部分に癒合剤を塗り、作業を完了致しました。
帰り際には飲み物を持たせて下さりありがとうございました。
また明日以降はかなりの積雪、強風、低温の予報となっている中、本日作業を前出しで行わせて頂けたことに感謝致します。
今回もご利用下さりありがとうございました。

2020年度 仕事納め

今シーズンも4月より植木屋の仕事を行わせて頂き、本日を持ちまして無事に2020年度の仕事を全て終えることが出来ました。
今年は新型コロナにより色々と振り回される1年でありましたが、皆様のお陰で例年通りの件数の作業を行わせて頂け、たくさんのお客様にお喜び頂けたことがとても嬉しく、感謝しております。
まだまだ今まで通りの日常には程遠い状況ではありますが、少しでも平穏に暮らせます様お祈りする次第であります。

また本日の作業後、片道1時間半ほどを掛けて、苫小牧市にあります樽前山神社に行って参りました。こちらには北海道でも2か所しかない木の神様が鎮座される神社で、植木屋を生業とし、日々木を切らせて頂いく中で、本日無事に年内の仕事を納めることが出来た御礼と、来シーズン以降もケガや事故なく作業を行い、お客様に喜んで頂けるようお祈りして参りました。

2021年度シーズンにつきましては雪どけの兼ね合いなどもありますが、2021年3月29日を予定しております。
今シーズンも本当にありがとうございました。また来シーズン以降につきましても引き続きご愛顧下さります様お願い申し上げます。
皆さま良いお年をお迎え下さい。

2020年12月13日 北の庭木専門こだま屋 代表 児玉雅也

桜の木の剪定@札幌市東区

今日は以前ホームページをご覧になりお問い合せ下さりました新規お客様宅で、桜の木の剪定作業を行わせて頂きました。
今回のご依頼はお隣様などへ越境した枝や歩道側へと越境した枝を強めに払い落し、全体的に小さくしたいというご要望で、もともと8.5mほどまで成長していた桜の木を4.5mほどの大きさに詰めて形作らせて頂きました。

朝、予定よりも少し早く到着してしまったのですが、お客様が出て来て下さり、もともとお隣の敷地の車のご移動をお客様がお願いして下さっていたのですが、私の到着が早まったことで、予定していた時間より早くに車を移動してもらえるようお願いして下さったり、お客様のお車も作業がしやすい様にとご移動下さるなど、お気遣い下さりありがとうございました。
作業ですが、まずはご挨拶と簡単な作業内容のご確認のあと、ブルーシートを敷き詰め、12尺の三脚と2連梯子を使って剪定をしていきました。
まずはお隣の敷地へと伸びていこうとする枝を払い落し、天端となる4.5m付近のところで芯止めし、後は桜の木の周りを1周しながら剪定作業進めていきました。
また、剪定後、大きな切り口には癒合剤を塗布し、細菌などによる腐れ防止策を取らせて頂きました。

作業前 桜剪定(正面より)
作業後 桜剪定(正面より)
作業前 桜剪定(横から)
作業後 桜剪定(横から)

作業前後でご主人様、奥様が表に出て来て下さり、作業中も長時間にわたり寒空の下、ご主人様がお立合い下さりました。ありがとうございました。
また機会がありましたらご連絡頂けると光栄です。この度はご利用下さりまして本当にありがとうございました。

桜・サクランボ・ハナミズキの剪定@札幌市白石区

今日はリピーター様宅で、桜とサクランボ、ハナミズキの剪定を行わせて頂きました。予めお伝え下さっていたのですが、ご不在の中での作業となり、失礼ながらも勝手にお庭に入らせて頂いて作業を行わせて頂きました。
到着後、まずはブルーシートを敷き詰めて12尺と8尺の三脚を使い分けながら作業を行いました。

剪定前 桜、サクランボ、ハナミズキ
剪定後 桜、サクランボ、ハナミズキ

いずれも高さが5m前後にまで伸びており、それらを3mくらいの高さにまで詰めて、枝葉を透いていきました。また道路側にせり出そうとした枝などを短く切って敷地内に収まるように、またご自宅側に伸びて外壁をするであろう枝も短く切り詰めさせて頂きました。
どうしても隣の木の枝と重なりが出来ると途端に煩雑に見えてしまうことから、桜とサクランボ、サクランボとハナミズキの間を少しでも空間として空けられるように意識しながら剪定を行わせて頂きました。

お戻りになられ、作業後の庭木をご覧頂き、喜んで頂けると嬉しいです。今回もご利用下さりありがとうございました。

サクランボと桜の剪定@札幌市白石区

今日は以前ホームページをご覧になり、お問い合せ下さりました新規お客様宅へサクランボの剪定と、桜の木の剪定作業に伺わせて頂きました。
今回剪定させて頂いたサクランボと桜の木は、6~7mほどにまで成長し、道路側やお隣様側へと一部の枝がせり出していたため、それをお客様が気になされ、今回のご依頼となりました。
今回はどちらも枝葉を敷地内に収めることと、これ以上高くなると管理もし辛いため、高さを落とす作業を中心に、あとはいつもの通り、枯れ枝を払ったり、枝葉の濃い部分を透くなどして、大きな切り口に癒合剤を塗布させて頂いております。

剪定前 サクランボ
剪定後 サクランボ

後ろの桜の木やもみじなどと重なっており、見えづらいため、もう1枚別の角度からの写真も撮影させて頂きました。

剪定後 サクランボ

サクランボは高さを3.7mほどにまで詰め、越境しそうな枝葉を短く整え、枯れ枝などを払っていきました。12尺の三脚と2連梯子を使い、一部木登りもしながら作業を行わせて頂きました。

剪定前 桜
剪定後 桜

続いてサクランボの奥にある桜の木の剪定です。こちらの桜は株元から幹が2本に分かれ、それぞれで大きく成長しております。こちらもサクランボ同様に枝葉を敷地内に収め、高さを4mほどにまで詰めて、枯れ枝などを払いながら形作っていきました。
今日は風もほとんどなく、この時期にしては気温も高めでとても作業がしやすく、思っていたよりも2時間ほど作業が早く終わりました。
そのため、ちょうどお客様が一時的に外出される予定の時間と、私が作業を終える時間が重なり、お客様を少し足止めさせてしまう結果となったのですが、快くご対応下さったお陰で、とてもスムーズにすべての作業を終え、失礼させて頂くことが出来ました。ありがとうございました。
作業途中にも飲み物の差し入れまでして下さり重ねて御礼申し上げます。

また、今回ホームページを見つけて下さり、お問い合せ下さったご主人様にもよろしくお伝え下さい。この度はご利用下さりありがとうございました。

桜の枝払い剪定@札幌市白石区

今日は過去にも2度ご利用下さっておりますリピーター様宅で、桜の木の枝払い剪定を行わせて頂きました。
1本はお隣のアパートに面した場所にある桜で、枝葉が伸びることで2階住居者のまどにかかってしまっていることを奥様が気になされ、2階の窓にも日光が十分に差し込むくらいに枝木を切って欲しいとご希望下さりました。
そしてもう1本は道路に越境しそうな枝を敷地内に収めつつ、可能な限り小さくするといった枝払い剪定を2本行わせて頂きました。

まずは到着後、予定よりも少し早めに着いたため先に道具の準備に取り掛からせて頂きました。するとお客様が気づいて下さり、ご挨拶を行わせて頂き、そのままブルーシートを敷き詰め作業を開始させて頂きました。

まずは1本目のお隣のアパート側の枝払いです。

枝払い剪定前 桜

こちらは3階部分まで枝葉が伸び、8mほどの高さにまで育っておりました。それを2階の窓付近(5.5mくらい)にまで詰めて枝葉を透く剪定を行わせて頂きました。

枝払い剪定後 桜

まずは幹に2連梯子を掛け、高さを詰める作業から行いました。手ノコで高さを詰め、2階の窓付近の枝葉を払いました。また、幹から離れた場所は12尺の三脚を使ったり、物置の上にあがらせて頂き作業を行いました。

そして2本目の桜は道路沿いにある桜で、越境した枝葉を払い落しつつ、小さく仕立て直しました。主には12尺の三脚を使って手ノコと剪定ばさみで作業を行いました。

枝払い剪定 桜
枝払い剪定 桜

道路側の枝払いだけでなく、高さも詰めて、広がり過ぎた枝を短く切り戻し、枯れ枝なども処理して作業を完了致しました。

作業終盤には冷たい雨が落ちてきたのですが、最後の片づけの時くらいで、ほとんど濡れることなく作業が完了したのですが、そのことについてもお客様がお気遣い下さり本当にありがとうございました。
また次回、ライラックやカイヅカイブキなど、よろしければお声がけ頂けると光栄です。本日はありがとうございました。

桜などの伐採とモミジなどの剪定@札幌市豊平区

今日は以前ホームページをご覧になり、お問い合せ下さりました新規お客様宅で桜の木の伐採やオンコの伐採、モミジやレンギョウの剪定、ドウダンツツジの刈り込みなどを行わせて頂きました。

実はこちらのお客様宅は昨日に伺う予定だったのですが、終日雨予報となっており、お客様の方から前もってご連絡を頂戴し、本日に延期させて頂く運びとなりました。そして昨日はお見積りや冬囲い資材の仕入れ、トラックのタイヤ交換など、11月以降の仕事の準備に当てさせて頂きました。

さて、作業ですが、まずは裏庭の桜の木とオンコの伐採作業を行わせて頂きました。

伐採前 桜、オンコ
伐採後 桜、オンコ

8尺の三脚を立てて、手ノコと小型チェーンソーで枝葉をどんどん払い落していきました。そして太枝や幹だけになった状態で大型チェーンソーに持ち換えて、残った太枝と幹を輪切りにしていき、伐採作業を終えました。またオンコは腰高で幹を残したいというご希望を伺っており、それ以上高い場所にある枝葉を伐採させて頂きました。

剪定前 レンギョウ、オンコ、モミジ、ドウダンツツジ
剪定後 レンギョウ、オンコ、モミジ、ドウダンツツジ

続いては玄関側の剪定作業です。写真の左側から順に作業を進めさせて頂きました。まずはレンギョウですが、当初伐採をご検討なさっていたのですが、可能な限り小さく残したいというご希望から、レンギョウ本体の幹は伐採させて頂き若い脇芽が成長したもののみを残させて頂きました。
そしてオンコはこの時期の剪定には向いてないのですが、飛び出た枝先のみを整えさせて頂きました。
もみじはすぐに伸びることから小さくしたいというご希望を頂戴し、太枝が3つ又に分かれていたのですが、お客様が気になさっていた道路側へせり出そうとしていた1本を伐採し、残った2本で形を作っていきました。
最後に右端のドウダンツツジは刈り込ませて頂きました。バランスを考えて玉を1つだけ切り落とし、残った玉をエンジントリマーで刈り込み、刈り込みばさみで仕上げていきました。
また他にももう1本のオンコと、モミジを伐採させて頂いております。

今日は少し肌寒い1日となったのですが、途中、温かいお茶とお菓子を出して下さり、お客様とお話させて頂きながらごちそうになりました。
今回はたくさんの作業をお任せ下さりありがとうございました。次回は西洋石楠花やツツジなどの剪定もご検討下さっているとのことで、もし宜しければ来春以降でご連絡頂戴出来ると光栄です。本日はありがとうございました。

桜やモクレンなどの剪定ほか@札幌市厚別区(1.5日目/1.5日作業予定)

今日は昨日の午後にもお伺いし、モミジやライラック、ムクゲの剪定を行わせて頂きましたお客様宅で、桜とモクレン、ムクゲの剪定と、ヤマボウシの伐採作業を行わせて頂きました。
まずは到着後、お客様が午前中のみご不在と伺っていたため、そのままブルーシートを敷いて作業を開始させて頂きました。

まずは桜の剪定から行いました。枝数も多く、かなり大きく育っていた桜ですが、道路側にせり出す枝はもちろん、お庭側へと伸びた枝も、芝生への日差しを遮る原因にもなることから、ごちら側へもあまり枝を延ばしたくないというご希望を頂いており、今回は高さも詰めつつ、横へは広がりつつも、奥行きのない樹形を作っていきました。

剪定前 ムクゲ、モクレン、桜
剪定後 ムクゲ、モクレン、桜

また、桜(写真右端)の切り口には癒合剤を塗布することで保護させて頂いております。
続いてモクレン(写真中央)の剪定です。こちらは可能な限り小さくすることを目的に切らせて頂きました。高さも半分以下にまで詰めさせて頂き、枝葉も短く切り落としました。来春の花芽もほとんど残っていないことから、1年間は我慢頂くことになりそうですが、かなりの勢いで育つモクレンだからこそ、数年に1度は思い切った剪定をすることで、お庭がかなりスッキリすると思います。
また、写真左端のムクゲにつきましても剪定させて頂きました。

剪定前 モミジ、ライラック、ムクゲ(昨日作業前に撮影)
剪定後 もみじ、ライラック、ムクゲ(昨日作業分)

そして昨日の作業分の写真を掲載させて頂きました。昨日の作業終了時に、この角度でもみじとライラック、ムクゲの3本を映した写真を掲載したかったのですが、もみじの後ろ側に桜とモクレンの枝葉が写り込み、もみじのシルエットが全く分からなかったため、昨日はもみじのみの写真を掲載させて頂いておりました。

昨日と今日の1.5日間で、もみじ、桜、モクレン、ライラック、ムクゲ2本の剪定と、ヤマボウシの伐採を行わせて頂きました。
作業前後や作業中にも、様子を見に来て下さっては色々と話しかけ下さるなどの御心配りを頂戴し、本当にありがとうございました。
またお困りごとなどがございましたらお気軽にお問い合せ下さいませ。
2日間、ありがとうございました。

桜ともみじの剪定@石狩市

今日は以前ホームページをご覧になり、お問い合せ下さりました新規お客様宅で、6m弱の大きな桜の木と、もみじの剪定作業に伺わせて頂きました。
お見積り時より、今回はお客様のご希望で、どちらも可能な限り小さくさせて頂くような強めの剪定を行わせて頂く予定で伺わせて頂きました。

まずは朝、到着後、お客様が外に出て来て下さり、6m弱の桜を3.5mほどに詰めて全体を小ぶりに仕立て直すといった、お見積り時にお話した内容の確認をご一緒に行わせて頂き、ブルーシートを敷き詰めて作業を開始致しました。

剪定前 桜

まずは大きな桜の剪定から行わせて頂きました。写真では分かり辛いのですが、木の奥に車庫があり、その車庫の屋根の上へとせり出した太い枝を今回は切り落とすことになり、まずはその作業から行いました。12尺の三脚と2連梯子、そして時より車庫の上に登らせて頂き、作業を行いました。
その後、写真にも写っています工業用ものさし(スタッフ)で3.5mの高さを示した状態で高さを詰め、全体のバランスを見ながら枝葉を短く切り詰めていきました。今回は剪定といいながらも、ものすごく枝も太かったため、小型チェーンソーや手ノコも使いながら作業を行わせて頂きました。

剪定後 桜

そして当初は3.5mまで高さを詰めるつもりでしたが、そうするとあまりにも枝数が減るため、お客様にもご相談のうえで、3.8mくらいの高さで仕立てさせて頂きました。そして大きな切り口に癒合剤を塗布して作業は完了です。

続いてモミジの剪定です。こちらも3.5mほどあったものを2mほどにまで詰め、お隣様側へとせり出しそうな枝を強めに切らせて頂き、一回り小ぶりに形作っていきました。

剪定前 もみじ
剪定後 もみじ

こちらも太めの枝を切るときには小型チェーンソーも使いながら、高さを詰めて、全体のバランスをみながら枝葉を透いて形作っていきました。

今回お声がけ下さりお見積りにもお立合い下さったお客様と、そのご家族様もご一緒に作業前後でお立合い下さっては、お庭のことなどを色々お話下さりました。また、途中、沢山のお菓子や飲み物を差し入れして下さったり、お声がけ下さるなど、色々とご配慮下さりありがとうございました。
また機会がありましたらお声がけ頂けると光栄です。本日はありがとうございました。

イチイやナナカマドの伐採と、桜の剪定@札幌市西区

今日は先日ホームページをご覧になり、LINE@にてお問い合せ下さりました新規お客様宅で、イチイなど4本の低木類の伐採、ナナカマドの伐採、そして桜の剪定を行わせて頂きました。
LINE@では分かりやすいように数点の写真を添付して下さり、ご希望なども書き添えて下さりました。平日はお留守のことがおおいとのことで、当方もなかなか土日でのお見積りや作業が難しいため、ほぼすべてのやり取りをLINE@にて行わせて頂き、ご不便などもおありだったかと思いますが、お見積りや日程調整のやり取りを行わせて頂き、本日の作業を迎えました。
本日の作業に先立ち、昨日もお声がけ下さりありがとうございました。お見積り時と少しお庭の様子が変わっていることを前もってお知らせ下さり助かりました。

さて、本日の作業ですが、まずはイチイなどの低木類の伐採から行わせて頂きました。小型チェーンソーを使って、幹を3分割にするような形で、およそ50cmずつ切り、伐採作業を進めていきました。

伐採作業前
伐採作業後

そしてその後、ナナカマドの伐採と桜の剪定を行うために、ブルーシートを敷き詰め、12尺と8尺の三脚を用いて作業を行いました。

作業前 ナナカマド伐採、桜剪定
作業後 ナナカマド伐採、桜剪定

まずはナナカマドの伐採から行いました。小型チェーンソーで枝葉を全て払い落し、幹の株元近くまで切り進めていきました。株元のみかなりの太さがあったため、こちらは大型チェーンソーを用いて伐採作業を完了しました。

また、ナナカマドがなくなった状態での桜の木が、予想はしていたものの、枝を残したいお庭の中心(写真手前側)へのものが、ナナカマドのせいで生育が阻まれ、下枝を育てていけるよう、若い枝を残しておきました。
また、残った枝も、敷地外に出ていかないようにと、外側へと広がる枝を落とし、内側に入り込む枝がかなり残っていました。
どうしても庭木の枝ぶりを楽しむためには、内側へと入り込む枝は払い落し、外へ外へと末広がりになるように残す必要があり、枝葉の薄くなる箇所も発生するのを覚悟したうえで、将来残していても樹形を崩すだけの枝をどんどん払いおとし、残った枝のみで出来る限り形を整えさせて頂きました。

本日もご不在の中での作業を行わせて頂き、色々とご不安もおありだったかと思いますが、お戻りになられましたら、仕上がりをご覧頂き、気に入って頂けると嬉しいです。
また、ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合せください。この度はご利用下さりありがとうございました。

草刈りと庭木の伐採、枝垂れ桜などの剪定@札幌市手稲区(2日目/2日作業予定)

今日も昨日と同じ御宅の作業を行わせて頂きました。
ご依頼下さったお客様が別の場所にお住まいということで、少しでも作業状況をご確認頂きやすくなればという思いで、本日も作業写真を多めに掲載させて頂きます。
(昨日の作業分の内容をブログにてご確認下さり、今朝もそのご感想などをLINE@にてお伝え下さりありがとうございました。とても励みにもなりますし、本当に感謝致します)

今日の作業は枝垂れ桜の剪定と、もう1本が桜と思っていたのですが、今日剪定作業を行わせて頂く際に庭木を間近で見せて頂き、プルーンの木かなとも思いながらも、こちらも剪定作業を行わせて頂きました。

剪定前 枝垂れ桜(お隣様との境界付近)
剪定後 枝垂れ桜(お隣様との境界付近)

今回のご要望は、枝垂れ桜の樹形を乱すような上へと伸びる枝を切ることと、お隣様の車庫などに枝葉が当たらないように少し伸びた桜の枝を短く切ることでした。ですので、まずは2連梯子を幹に掛け、枝垂れ桜のシルエットから上に飛び出るような徒長枝をノコギリで払い落し、お隣様との境界付近を少し強めに枝払いさせて頂きました。また、ご要望通り伸びた枝を少し短く切らせて頂きつつ、枯れ枝を落とし、混みあった枝を全体的に少しだけ透かせていただきました。

剪定前 枝垂れ桜(道路から)
剪定後 枝垂れ桜(道路から)

また、樹形を崩すような上へと伸びる太めの枝などを数か所、ノコギリで切らせて頂いたのですが、その切り口が腐ったりしないように癒合剤(殺菌消毒剤)を塗布し、更なる徒長も防がせて頂いております。

切り口への癒合剤の塗布

また、その横のプルーンの木の剪定も行わせて頂きました。
作業前の写真が枝垂れ桜に隠れており、作業後の写真のみを掲載させて頂きます。

プルーンの木の剪定 作業後

今日はお隣様との境界付近にあります枝垂れ桜とプルーンの木の剪定だったのですが、ちょうど作業前にお隣のご主人様が表に出ておられ、タイミングよくご挨拶させて頂いてから作業に取り掛かることが出来ました。
このプルーンの木も、高さだけでなく、お隣様へと伸びる枝を枝の付け根で切らせて頂いております。

これで、昨日より2日間にかけて行わせて頂いておりました作業が完了致しました。改めて昨日作業を行い、今日帰り際に撮影させて頂いた写真を掲載させて頂き、ご報告に代えさせて頂きたいと思います。

草刈り作業後1
草刈り作業後2
草刈り作業後3
伐採作業後

今回は初めてのご依頼にも関わらず、沢山の作業をご依頼下さりありがとうございました。直接お会いできず、何かとご不安などもおありだったかと思いますが、もしご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合せ下さいませ。
この度はLINE@を利用しての、詳しい作業のご依頼であったり、暑い中での作業をお気遣い下さったりと、ご配慮下さり本当にありがとうございました。