もみじ、カエデ、夏ツバキなどの剪定@札幌市北区

今日は札幌市北区にお住いのお客様宅で、野村モミジの剪定と、ウチワハカエデの剪定、そして夏ツバキやツリバナなどの剪定作業を行わせて頂きました。
こちらのお客様は、春に桜の伐採を行わせて頂きましたお客様のご親族様で、春に作業を行わせて頂いたお客様がご紹介下さり、今回の剪定作業となりました。
ありがとうございました。

さて、作業ですが、まずは到着後、ご挨拶ののち、ブルーシート敷き詰め、野村モミジとウチワハカエデの剪定から行いました。
ある程度の高さや、道路に越境しないようにというお客様のご希望を伺いながら、剪定作業を進めさせて頂きました。

剪定前 ウチワハカエデ、野村モミジ
剪定後 ウチワハカエデ、野村モミジ

まずはウチワハカエデから剪定を進めました。12尺の三脚を立てかけ、ご希望の高さにまで詰めたうえで、全体的に枝葉を透いていきました。また玄関の出入り口付近の枝葉も切らせて頂き、かなりスッキリした印象となりました。
また野村モミジは道路やお隣の駐車場へと越境しそうな枝葉を払い落し、全体的なバランスを見ながら高さも詰めて、枝葉を透いていきました。こちらは8尺の三脚を用いて剪定ばさみで作業を進めました。

剪定前 夏ツバキ、ツリバナ、サクラドウダン、ウチワハカエデ
剪定後 夏ツバキ、ツリバナ、サクラドウダン、ウチワハカエデ

続いて玄関ドアへと繋がったアプローチ沿いに植えられた夏ツバキ、ツリバナ、サクラドウダン、ウチワハカエデの剪定です。
お隣のマンション駐車場側へ伸びる枝や、アプローチの屋根に掛かる枝を払いつつ、高さも抑えて少し透き作業も行わせて頂きました。ブロック塀や8尺の三脚から作業を進めさせて頂きました。

今日は風の強い1日という予報だったのですが、作業中はそれほど強い風に困らされることもなく、予定通りに終わることが出来ました。この度は剪定作業をご利用下さりありがとうございました。

AM.カイヅカイブキの剪定@札幌市東区、PM.梅の剪定@札幌市豊平区

今日は朝から札幌市東区にお住いのリピーター様宅でカイヅカイブキ3本の剪定を行わせて頂き、午後からは札幌市豊平区にお住いのリピーター様宅で梅2本の剪定を行わせて頂きました。
今はちょうど針葉樹剪定の終わりごろを迎えつつも、広葉樹剪定もスタート出来る秋の剪定適期となりました。
今シーズンもありがたいことに既に9月のご予約がほぼすべて埋まっている状況となり、新規での針葉樹剪定や草刈りにつきましては、来シーズン以降でのご案内を始めさせて頂いているのですが、こらからシーズン終了までの期間、広葉樹、冬囲い、伐採作業などにつきましては1件でも多くのお客様のご希望にお応えできるよう、日程調整していきたいと考えております。

AM.カイヅカイブキ剪定@札幌市東区

まずは1件目のお客様ですが、こちらのお客様は2015年、17年にもご利用下さっておりますリピーター様で、今回も玄関横のカイヅカイブキの剪定を行わせて頂きました。お客様のご希望と致しましては、出来るだけ小さくしつつ、歩道やお隣様側へ伸びる枝も敷地内に収めたいということで、今回は伸びた枝を出来る限り短く剪定するとともに、少し混みあった枝葉につきましては透かせて頂きました。

剪定前 カイヅカイブキ
剪定後 カイヅカイブキ

まずはご挨拶の後、ブルーシートを敷き詰め、12尺の三脚と8尺の三脚を使いながら剪定ばさみで切り進めていきました。
作業中、お隣様の敷地内より作業を行う必要もあったのですが、お客様が前もってお隣様にお話し下さっていたこともあり、スムーズに作業を進めることが出来ました。今回透かせて頂いたことで、内側に太陽があたり、来春以降、その内側からも新しい葉が芽吹いてくるかと思います。その透き剪定を1、2度行わせて頂き、内側からの枝葉がある程度そろった状態で、もう少し強く切り詰め、小さく仕立て直していければと思いますので、またよろしければ再来年の春あたりにお声がけ頂けると光栄です。今回もご利用下さりありがとうございました。

PM.梅の剪定@札幌市豊平区

続いて2件目のお客様です。こちらのお客様も過去に2度お声がけ頂いており、今年の春も大きな庭木を伐採させて頂いておりました。その時から梅の木の剪定をご希望下さっていたのですが、花や実のことを考えると、それが終わった秋頃に剪定を行わせて頂くお話をさせて頂いており、本日その梅の木2本の剪定を行わせて頂きました。
まずは到着後、いつもは奥様がご対応下さるのですが、本日はご不在ということでご主人様がご対応下さりました。ご主人様とは初めてお目に掛からせて頂くこともあり、まずはご挨拶とともに作業内容などのご案内をさせて頂いて作業を開始しました。

剪定前 梅
剪定後 梅

まずはブルーシートを敷き、8尺の三脚から伸びた枝や、強く徒長したえだの切り戻す作業を行わせて頂きました。また、大きく樹形を崩す枝や枯れ枝も同時に切り落とし、形を整えていきました。
梅自体は春以降新たに伸びる新枝に花が付き、やがて実になることから、花の付き辛い長い枝は切り戻す必要があり、前提的にかなりコンパクトな大きさになりました。今回の日程調整の際、奥様からLINEを頂戴したのですが、今年は10kgもの梅の実を収穫できたとお喜び下さっており、また来春も沢山の花をつけてくれるといいなと思いながら作業を行わせて頂きました。
作業にお立合いくださったご主人様からは、帰り際に複数の飲み物を頂戴し、本当にありがとうございました。また梅の木が大きく伸びて来た頃に、お声がけ頂けると光栄です。本日はありがとうございました。

草刈りと庭木の剪定作業@札幌市西区

今日は毎年剪定や草刈り、冬囲いや冬囲い外しなど、年間を通じて4~5回お声がけ下さるリピーター様宅で、草刈り作業と、次回の冬囲い作業を前にした庭木の剪定や花の終えた草花の処分などを行わせて頂きました。
まずは到着後、作業内容のご確認をさせて頂き、作業を開始致しました。
まずは草刈り作業や草むしり作業から進め、その後、庭木1本ずつ剪定を行ったり、雑層の刈り残しを手むしりしたりしながら、お庭を1周させて頂き、草ごみと剪定した枝ゴミを回収したのち、もう一度草刈りを行って作業を完了致しました。
また、剪定につきましては前回6月下旬に刈り込みを行わせて頂いたのち、伸びた部分を剪定ばさみで整える作業でした。他にも、藤や薔薇、アジサイなど夏までに花を終えた庭木の切り戻し剪定なども行わせて頂いております。

作業前 1
作業後 1

草刈り作業のほか、ハスカップやナナカマドなどの剪定を行いました。

作業前 2
作業後 2

草刈りのほか、ツツジやアジサイなどの剪定を行わせて頂きました。

作業前 3
作業後 3

草刈りのほか、藤やレンギョウなどの剪定を行わせて頂きました。

本日も作業途中に飲み物やお菓子の差し入れをして下さり、本当にいつもありがとうございます。また、今までも年間を通して季節に応じた作業をお任せ下さっていましたが、これからは年間管理として、改めてお任せ下さることとなりました。次回は11月上旬に冬囲い作業に伺わせて頂きます。今後とどうぞよろしくお願い致します。

枝垂れモミジなどの剪定@札幌市豊平区

今日は黒松や枝垂れモミジの隔年剪定などをご依頼下さっておりますリピーター様宅で、今年は大きな枝垂れモミジの剪定とツツジやイチイの刈り込み、そして追加でもう1本の枝垂れモミジの剪定をお任せ下さりました。
まずは到着後、ご挨拶とともに作業のご希望などを伺い、道具類を準備して、早速、枝垂れモミジの剪定から行いました。

作業前 ツツジ刈り込み、枝垂れモミジ剪定
作業後 ツツジ刈り込み、枝垂れモミジ剪定

まずは12尺の三脚を立てて、枝垂れモミジの剪定から行いました。樹形を崩すような太めの枝が数本あり、まずはそれらを切り落したうえで、あとはバランスをみながら小枝を手でポキポキ折りながら作業を進めていきました。
また、樹形を崩すように上へと立った枝だけでなく、今回は枝垂れモミジがかなり伸びていたため、長さも調整させて頂きました。
また枝垂れモミジの左下にありますツツジはエンジントリマーで表面を刈り込ませて頂きました。
同様にイチイ(↓写真)も刈り込ませて頂いております。

刈り込み後 イチイ

そして作業が完了し、お客様に仕上がりをご覧頂くと同時に、今回手付かずのもう1本の枝垂れモミジについてご相談させて頂きました。
というのも、敷地外へと伸びる枝が出始めており、しかもお客様の方でも枝が外に飛び出すことで歩行者の方に迷惑にならないように切り落としているとのこと。それでも太い枝は切り辛かったり、切ってもすぐに伸びてしまうというお悩みをお持ちで、伐採の選択肢もなくはなかったのですが、出来る事なら残したいというご意向もあり、かなり強めに剪定させて頂くこととなりました。

剪定前 枝垂れモミジ
剪定後 枝垂れモミジ

本来、枝垂れモミジは高い場所から低い場所へと枝葉を枝垂れさせるのが醍醐味でもありますが、今回は敷地の中に枝葉を収めるため、御自宅側へと伸びる枝葉はしっかりと枝垂れさせ、歩道側の方は枝先に葉を散らす程度にしております。

今回もご利用下さりありがとうございました。こだま屋では珍しくPayPayでのお支払いをご希望下さり、とても新鮮な感じでご精算させて頂きました。
また、次のお客様宅へと向かい始めた頃、お客様よりご連絡を頂戴し、ほうきと塵取りをお庭に忘れて帰ってしまっていたとのことで、大変失礼致しました。
すぐにお気づき頂き、ご連絡下さったお陰で、助かりました。
本当にありがとうございました。

夏ツバキの剪定とヒバの伐採@札幌市北区

今日はこの春、ヒバやオンコ、モミジなどの剪定、伐採を行わせて頂き、初夏にはライラックやツツジの剪定など、とても多くの作業をご依頼下さりましたリピーター様宅で、夏ツバキの剪定とヒバの伐採を行わせて頂きました。
この春からお庭の木の本数を少し減らしたり、大きくなった木の高さを中心に小さく詰める作業を行わせて頂いていたのですが、全体的に庭木が小さくなると、必然的に手の加わっていない庭木が余計に大きく目立つということもあり、春先より今回の夏ツバキの剪定をご依頼下さっておりました。ただ、夏ツバキの花芽が多くついており、ある程度花が咲き終わってから剪定をしてあげたいというお客様のご意向もあり、お盆以降に作業を行わせて頂くお約束の中、先日お客様よりLINEにて作業のご依頼を頂き、本日作業に伺わせて頂きました。

剪定前 夏ツバキ
剪定後 夏ツバキ

今回はお隣様の御宅の2回の窓付近まで高さを落とすというお話をさせて頂いており、12尺の三脚を使ってある程度高さを詰めたうえで、お隣様側へと越境しないよう横枝も短くコンパクトに形作っていきました。
また、春先のご依頼とは別に、さらに追加でヒバの木の伐採もご希望下さり、そちらの作業も一緒に行わせて頂きました。

ヒバ 伐採前
ヒバ 伐採後

こちらのヒバ伐採につきましては、LINEで追加のご依頼を下さり、どの木が対象となる木なのかをわかりやすくするために、写真を撮影して下さり、さらにはそこへコメントもつけてLINEに添付して下さりました。
今日は前もって伺っていたのですが、生憎のご不在の中での作業となりましたが、お隣様にも植木屋が入ることをお伝え下さっていたり、作業がしやすいようにと、朝のお忙しい時間にお車を移動してから外出して下さったりと、本当にお心遣いに感謝致します。
これで春からご依頼頂いていた庭木の剪定や伐採作業などが一旦完了したことになりますが、また何かお困りの点などございましたら、お気軽にお問い合せ下さいませ。この度は本当にお世話になりました。ありがとうございました。

ヨーロッパ赤松などの剪定@札幌市北区

今日は毎年この時期に作業をご依頼下さりますリピーター様宅で、大きなヨーロッパ赤松の剪定と、2~3mほどの赤松3本、モクレン1本、ハナカイドウ1本と、敷地の外へとせり出しそうな低木や草花の剪定を行わせて頂きました。
こちらのお客様は関東圏にお住まいで、お子さんたちの夏休みを利用して、札幌の御宅へとお戻りになられ、お見積りや作業を行わせて頂くのですが、今年は新型コロナウイルスの影響で、お子さんたちの夏休み期間も短縮となり、さらには関東圏からの移動となりますと、かなりの長距離でもあることから、今回はこちらにお戻りになることを控えられたとご連絡を頂戴しました。ただ、ありがたいことに例年通り作業自体はお任せ下さり、その内容につきましても当方にお任せ頂けるということで、今回は最も伸びていたヨーロッパ赤松の剪定のほか、お隣さまやご近所様にご迷惑にならないよう、敷地の外へと越境しそうな草花を整理させて頂いたり、防犯上、御宅がお留守になっていることをカモフラージュするように、外から見て、お手入れされているお庭だと分かるよう、通り沿いにあります赤松やハナカイドウなどの剪定を行わせて頂きました。

作業前 ヨーロッパ赤松 剪定
作業後 ヨーロッパ赤松 剪定

まずはヨーロッパ赤松の剪定です。こちらは幹に梯子をかけて木に登り、高さを50cmほど詰めたうえで、2~3年もつように少し強めに透かしながら剪定を進めていきました。そして上から2段分を木登りで剪定したあとは、12尺の三脚を用いて剪定作業を進めていきました。
また、お隣様側へも枝葉が伸びていたことから、そちら側への枝を少し短めに切らせて頂き、形を整えさせて頂いております。
また、ヨーロッパ赤松の株元にありますライラックや、その奥にありますアジサイをはじめとする低木、草花もお隣様の敷地に入らないよう切らせて頂いております。

剪定前 赤松、モクレン、カイドウなど
剪定後 赤松、モクレン、カイドウなど

とても奥行きのある広いお庭で、剪定対象となりました赤松3本、モクレン、ハナカイドウの向こう側にあるヒバやオンコなどが重なって、写真では仕上がりが分かり辛いのですが、それぞれ剪定をさせていただきました。
赤松はまだ成長過程の若い木で、ある程度、将来残したい枝を残し、それ以外の枝葉を落としていきました。
モクレンは毎年1.5mほど上へと伸びることから、その伸びた分の切り戻しを行わせて頂きました。
またハナカイドウは歩道側へとせり出しつつ、赤松と絡み合うように枝が伸びていたので、枝を短くカットし、敷地内に収まるよう剪定させて頂きました。

こちらのお客様にはいつも大変良くして頂いており、帰省のたびにお土産を買ってきて下さったり、作業中に差し入れなどをして頂いたりするほか、北海道で地震があったときなども、お子さんたちも心配してお声がけ下さるなど、本当にありがたい限りです。
今年は時間の関係でお庭の中央にある池付近のヨーロッパ赤松の剪定が出来ませんでしたが、もしまた来シーズンもお声がけ頂けましたら、次は池付近のヨーロッパ赤松と、イチイ、モミジの剪定のお手伝いを行わせて頂きたいと思います。
今シーズンもお声がけ下さりありがとうございました。

アカエゾマツやライラックなどの伐採@札幌市北区

今日は札幌市北区にお住いの新規お客様宅でアカエゾマツとライラック、イチイ、ボケの伐採作業と、ツツジやイボタの刈り込み作業に伺わせて頂きました。
今回お声がけ下さったきっかけは、もともと別業者さんにお見積りを依頼されていたそうなのですが、金額があまりにも高かったということで、昨年作業を行わせて頂いたお隣さまからのご紹介で、今回作業を行わせて頂くこととなりました。
まずは朝、ご挨拶のち、道具類の準備を行いました。作業の邪魔になりそうということで、洗濯物干などを移動させて下さりありがとうございました。
さて、作業ですが、今回はほぼすべての作業を12尺の三脚で行い、伐採につきましても小型チェーンソーだけで作業を進めていきました。

伐採作業前 アカエゾマツ、ライラック
伐採作業後 アカエゾマツ、ライラック

また、アカエゾマツとライラックの伐採後、小休憩をはさんでイチイの伐採作業を行いました。そしてトラックの荷台が満載になったため、一度ごみ処分場へ枝ゴミを搬入し、その後、ボケの伐採、ツツジの剪定、イボタの刈り込みなどを行わせて頂きました。

イチイ伐採、ツツジ剪定など 作業前
イチイ伐採、ツツジ剪定など 作業後

イチイの伐採も小型チェーンソーで枝葉を払い、そのまま幹も輪切りにしてしきました。また、ボケの伐採は手ノコと剪定ばさみを用いて伐採し、ツツジの剪定は剪定ばさみ、イボタの刈り込みはエンジントリマーを使って作業を完了しております。
お昼頃、お客様がパンと飲み物の差し入れをして下さり、ちょうどお腹の減る時間帯で美味しく頂きました。また、作業中も何度か外の様子を見に来て下さってはお声がけ頂きありがとうございました。
また何かお庭のお困りごとなどございましたら、ご相談頂けると光栄です。本日はありがとうございました。

ヒバの剪定@札幌市西区

今日は2年前の春にも一度ヒバの剪定を行わせて頂いておりますリピーター様の御宅で、ヒバ2本の剪定を行わせて頂きました。
この2年で最大1mちょっとの枝が伸びており、前回の切り口をもとに、前回と同じ、または前回より少し強めに剪定を行わせて頂く予定で、高さを詰めつつ、前提的に少し透くような剪定を行わせて頂きました。

今回はLINEにてお客様よりご連絡を頂戴し、私自身がお見積りの予定時間よりもかなり早く伺ったということもあり、お客様がご不在の中でのお見積りとなっていました。そしてLINEにてお任せ頂ける旨のお返事を頂戴し、本日作業に伺わせて頂きました。

まずは朝、ご挨拶ののち、道具の準備を行い、作業を開始させて頂きました。
まずは高さを詰めるために、ヒバの木に2連梯子を立てかけ、小型チェーンソーで幹を1mほど詰め、その後、12尺の三脚や8尺の三脚を用いて剪定を進めさせて頂きました。
2本のヒバのうち、1本が木立ちで、もう1本が株立ち(2本立ち)になっているため、幹の太さと、枝の数や太さが異なるため、同じような仕上がりにするのが非常に難しかったのですが、全体的に見た時に、枝葉の濃さが似た2本になるよう心掛けて剪定を進めさせて頂きました。

剪定前 ヒバ
剪定後 ヒバ

今日はこの夏一番の暑さになった札幌ですが、気温も湿度も高く、雲もなく、風もないという1日で、お昼頃に作業を終えたにも関わらず、その時点で少しばて気味でした。でも帰り際にお客様がアイスを持たせて下さり、大げさでもなんでもなく、まさに生き返りました。その後、お見積り3件とごみ処分場で枝葉を捨てに行ったのですが、お陰様で暑い一日を無事に乗り切ることが出来ました。ありがとうございました。

AM.ライラック剪定@札幌市厚別区、PM.イチイの伐採@札幌市東区

今日は朝から札幌市厚別区のお客様宅で、ライラックの剪定を行わせて頂き、その後、お見積りを1件挟んでお昼からは札幌市東区のお客様宅でイチイの伐採作業を行わせて頂きました。

AM.ライラックの剪定@札幌市厚別区

まずは1件のお客様です。こちらのお客様は3年前に大きなカツラの木の伐採作業を行わせて頂きましたリピーター様で、今回はライラックの木の剪定を行わせて頂きました。
ライラックの木を拝見したところ、もともと太陽の光が大好きな庭木ということもあり、道路側へとかなりせり出して来ている様子でした。ですのでお客様ともご相談のうえ、今回は道路側へとせり出した枝を極力敷地内に収まるように切らせて頂きつつ、お客様が気になさっていたお隣様との境界付近につきましても、枝葉が越境しないよう小ぶりに剪定させて頂きました。

剪定前 ライラック
剪定後 ライラック

まずは8尺の三脚から、道路側へとせり出した枝をどんどん切り進めていきました。実はそれだけで枝葉の半分くらいのボリュームが落ちたかたちになり、更にはお隣様側の枝葉を詰めると同時に、ある程度左右が対称となるよう、お客様の御宅側も枝葉を透かせていただき、最後に今年の初夏に咲いた花がらを落としながら、枝葉の濃い部分を透かし、枯れ枝を処理して作業を完了致しました。
今回は形を整えるための剪定というより、枝葉を敷地内に収めつつ、敷地内にて枝葉を育てるための骨格造りを行わせて頂きました。またこれで3~5年ほど枝葉を育てて頂きつつ、次回は形を整える剪定を行わせて頂けると光栄です。今回もお声がけ下さりありがとうございました。
そして、作業後に冷たいアイスと飲み物を持たせて下さり心より御礼申し上げます。

PM.イチイの伐採@札幌市東区

続いては札幌市東区の新規お客様宅でイチイの伐採作業を行わせて頂きました。
今回はお見積り時に前もってお聞かせ頂いていたのですが、本日の作業時はご不在ということで、到着後、道具類を準備してそのまますぐに作業へと取り掛からせて頂きました。

伐採前 イチイ(オンコ)
伐採後 イチイ(オンコ)

まずはブルーシートを敷いて8尺の三脚から、小型チェーンソーを用いて枝をどんどん落としていきました。そして枝葉がすべて落とし終え、幹だけになった状態で、今度は幹を輪切りにして伐採が完了です。
今回は初めてのご利用ということで、何かとご不安などもおありだったかもしれませんが、作業の仕上がりにご満足頂けると幸いです。
この度はありがとうございました。

草刈りと庭木の伐採、枝垂れ桜などの剪定@札幌市手稲区(初日/2日作業予定)

今日は先日ホームページをご覧になり、LINE@にてお問い合せ下さりましたお客様が所有される御宅へ作業に伺わせて頂きました。
ご依頼下さりましたお客様は現在こちらにお住まいではないということで、LINE@をご利用下さり、たくさんの写真などをお送り頂いては、ご希望をお聞かせ下さったり、お見積りのご提示や作業のご依頼、前日連絡などすべてのやりとりをLINE@にて行わせて頂いておりました。
そして今日と明日の2日間にて、草刈り作業と、裏庭の松、桜、モミジ、ナナカマドの伐採作業、そして枝垂れ桜の剪定と桜の剪定作業を行わせて頂く予定となっており、本日は作業初日ということで、まずは草刈り作業と庭木の伐採作業を行わせて頂きました。

草刈り前 1
草刈り作業後 1
草刈り前 2
草刈り後 2
草刈り前 3
草刈り後 3
草刈り前 4
草刈り後 4

草刈りは小石などを弾き飛ばさないように2枚刃のものを使って作業を進めていきました。ただ段差や庭石回りなどはどうしても刈り残しが多かったため、一度草刈りを行い、草ごみを集めたあと、更にもう一度、刈り残しの多い箇所を重点的に草刈りを行わせて頂きました。

また、裏庭にあります庭木(松、桜、モミジ、ナナカマド)の伐採ですが、こちらに関してはお客様も剪定と伐採で悩んでおられました。ただ、裏の御宅との境界付近に植えられていたことと、桜、モミジ、ナナカマドに至っては落葉樹ということで、落ち葉などが近隣の御宅へと落ちてしまう恐れもあったため、伐採を薦めさせて頂き、お客様もご理解下さり今回は伐採作業を行わせて頂きました。

 伐採前 庭木4本
伐採後 庭木4本

こちらの伐採は、2連梯子と12尺の三脚を用いて、手ノコと小型チェーンソーにて作業を行いました。庭木がお客様の御宅と裏の御宅との間にあり、枝や幹をまとめて切り落とすことが危険だったため、1本ずつ枝を切り進めていき、最後も幹を40cmほどの輪切りにしながら安全に作業を進めて参りました。

今日の札幌は30度を超える気温となり、湿度も非常に高い1日となりました。お客様も前日のご連絡の際に、わざわざお返事まで下さり、その際に熱中症などについても気にして下さりありがとうございました。
今日1日で草刈りと伐採4本まで進めることが出来ましたので、明日は枝垂れ桜の剪定と桜の剪定、そして切り口に癒合剤を塗布する作業を行わせて頂き、予定通りにご依頼下さったすべての作業を完了させたいと思います。
本日はありがとうございました。明日も引き続きよろしくお願い致します。