作業ブログ

ブログ一覧

洋梨の伐採、昼顔の撤去など

今日は4年前にもご依頼下さりましたリピーター様宅で、洋ナシの木の伐採、オンコの伐採、オンコの芯止め、昼顔撤去と藤の剪定作業を行わせて頂きました。

作業前 洋梨伐採
作業後 洋梨伐採

前もって伺っておりました通り、午前中お客様がご不在ということで、到着後そのままお庭の方に失礼させて頂き、作業を開始致しました。
まずは洋梨の木の伐採作業からです。こちらは12尺の三脚を用いて小型チェーンソーで枝を払い落していき、幹だけになった状態で大型チェーンソーにて輪切りにするように切り進め、作業を完了しております。

作業前 オンコ芯止めや昼顔撤去など
作業後 オンコ芯止めや昼顔撤去など

続いてオンコの芯止め、オンコの伐採、昼顔の撤去、フジの剪定などの作業です。昼顔がすべての植物に覆いかぶさるように成長しており、地面にも這っている状態でしたので、まずは草刈り機にて作業をするための足場を整理していきました。そのうえで、手で引っ張りながらツルをハサミで切り、また引っ張りはがすということを繰り返しながら、まずは昼顔をある程度撤去し、オンコの芯止め、伐採を行わせて頂きました。また昼顔を外し終えると今度はその下からかなり伸びた藤が出て参りましたので、その藤も切り戻すような剪定を行わせて頂きました。外出先からお戻りのお客様もご覧になられ、すっきりしたお庭に喜んで下さっておりました。今回もお声がけ下さりありがとうございました。

AM.桜の枝払い、PM.トウヒの伐採

今日は朝からリピーター様宅にて、桜の枝払いと高さを詰める剪定作業に伺わせて頂き、午後からは新規のお客様宅でプンゲンストウヒの伐採作業を行わせて頂きました。

AM.桜の枝払い剪定

まずは午前中のリピーター様宅での作業からです。こちらのお客様は以前も桜の枝葉が越境してしまいそうということで、ご近所様にご迷惑が掛からないよう、枝払い剪定をご依頼下さり、またこの夏もオンコと五葉松の剪定をご依頼下さっておりました。今回は越境した枝払いのほか、かなり背丈も高くなってきていることから、高さも詰めて一回り小ぶりな桜に仕上げるよう作業を行わせて頂きました。

作業前 桜の枝払い剪定
作業後 桜の枝払い剪定

お客様宅がブロック塀よりも右側にあり、ブロック塀の左側のお隣様宅から作業を行わせて頂いております。まずは2連梯子を掛けて越境している枝葉を手ノコでどんどん落としていき、天端付近から木登りをしながら車庫の上にせり出した枝や、外壁に触れそうな枝を中心に払い落しながら、高さを詰める作業を行わせて頂きました。剪定した木の奥にも桜の枝があり、作業後の写真の様子がご覧頂きにくい1枚となってしまいましたが、桜の枝、車庫の上の枝などをご覧頂くと、かなり空が開けてみえているかと思います。
今回もお声がけ下さりありがとうございました。また2、3年ほど経ち、桜や松などが伸びて来ましたら、ご連絡頂けると光栄です。今回もご利用下さりありがとうございました。

PM.プンゲンストウヒの伐採作業

続いて午後からのお客様宅です。こちらのお客様はホームページをご覧になり、お問い合せ下さりました新規のお客様でした。今回の日程につきましてはお客様がご希望なさるお日にちではなく、当方の日程に合わせて下さった形でのご予約となり、助かりました。ありがとうございました。
前もって伺っていた通り、お客様ご不在での作業開始となったのですが、作業開始後間もなくお戻り下さり、ご挨拶させて頂きました。

作業前 プンゲンストウヒ伐採
作業後 プンゲンストウヒ伐採

作業ですが、まずは2連梯子を掛けられるようにするために、一方向の枝葉を払い落して、幹が表面に出るように進めました。下枝は地面より小型チェーンソーで落とし、途中12尺の三脚を用いてある程度の高さまで幹を出したところで、2連梯子を掛け、天端付近より幹を輪切りに伐採しながら降りてくるという進め方です。そして幹が太くなる中段以下は大型チェーンソーに持ち替えて伐採作業を完了致しました。
外出先からお戻りになられたお客様にご挨拶をさせて頂く際、大阪からお戻りになったということでしたので、大阪のどちらから?という話が広がるなかで、7桁の郵便番号が完全に一致する大阪府〇市〇区〇〇町まで同じで、私の卒園した幼稚園のすぐそば(自宅から徒歩5分圏内)に住んでらっしゃるということで、同じ小学校卒をご卒業されており、本当に驚きました。
これらのお話はもちろん、伐採後の敷地への植栽のおすすめ樹木などについても簡単にお話させて頂きました。今回はご利用下さりありがとうございました。また何かお困りごとなどございましたら、お気軽にご連絡下さい。

ヒバの剪定など

今日は先日ホームページをご覧になり、お問い合せ下さりました新規のお客様宅へ、ヒバの剪定と、ツタの撤去作業に伺わせて頂きました。
今回のご依頼は、隣接している駐車場側へ枝葉が越境し始めていることを気になさり、駐車場の方へご迷惑をお掛けしないようにというご配慮により、今回剪定を行わせて頂きました。

作業前 駐車場側
作業後 駐車場側

まずは駐車場側の枝払い剪定と、ツタの撤去から行わせて頂きました。
予めお客様より、駐車場の管理会社様の方へ、入場する許可を頂いて下さっており、お陰でトラックごと敷地へ入らせて頂いて作業を進めることが出来ました。作業と致しましては、作業場所にブルーシートを敷き、12尺の三脚を使って枝葉を払うとともに、絡みついていたツタを剪定ばさみで切りながら進めていきました。そして駐車場側の枝払い剪定が終わったところで、今度はお客様のお庭側へと回らせて頂き、そちら側の剪定と、ヒバの株元にあったアジサイの剪定、ボケの伐採も行わせて頂いております。

剪定後 お客様宅お庭側より

本来ですと、ヒバを剪定するには少し時期が遅くもあるのですが、越境した枝葉によりご迷惑をお掛けできないという今回のご意向もあり、最短日にて作業を承らせて頂きました。
作業中も様子もお声がけ下さったり、作業終了時には飲み物を持たせて下さったりと、ご配慮下さりありがとうございました。
またお困りごとなどございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。本日はありがとうございました。

ナナカマドやモミジなどの剪定

今日は先日ホームページをご覧になり、お問い合せ下さりました新規のお客様宅へ、7.5mほどのナナカマドのほか、モミジやオンコの剪定作業に伺わせて頂きました。
今回のご依頼は、お隣様や道路側へと枝葉が越境してしまっていることを気になされてのご依頼ということで、出来る限りお客様の敷地内に収まるように剪定させて頂いております。

剪定作業前
剪定作業後

お庭の一番奥にナナカマド、そしてその手前にヒバ(今回は作業を行わず)、そして一番手前の大きな木がモミジとなります。また、オンコや桜の木もあり、それらも道路側にせり出している枝を敷地内に収まるように切らせて頂きました。
作業方法につきましては、ナナカマドが一番大きく、2連梯子をナナカマドの細い幹の集合体にかけて登り、手ノコで1本ずつ2回の窓からの目線付近までに高さを詰めると同時に、お隣のカーポート側へとせり出した枝葉も払い落しました。
またモミジは12尺の三脚からぎりぎり届く範囲でしたので、そこから手ノコと剪定ばさみにて背丈を落とすと同時に、枝葉を透かせて頂いております。
今回はお見積り、そして今日の作業と、ともにお客様ご不在の中での訪問となりました。お客様も何かとご不安などおありだったかと存じますが、もしご不明点などございましたら、ご遠慮なくお問い合せ下さい。本日はありがとうございました。

作業後 ナナカマドとカエデ

AM.アオダモ剪定、PM.桜などの剪定

今日は午前中にホームページをご覧になり、お問い合せ下さりました新規のお客様宅へ、アオダモの剪定に伺わせて頂き、その後1件のお見積りに伺わせて頂いた後、午後からは前回ご利用下さりましたお客様のご実家にて、桜とライラックの剪定作業を行わせて頂きました。

AM.アオダモ剪定

まずは1件目のお客様宅での作業です。朝、到着後ご挨拶を済ませ、今回のアオダモをどのようにしたいかというご希望を伺わせて頂きました。今で植えられてから5年ほどというお話でしたが、まわりの芝生の肥料なども吸収してか、成長が遅いことで有名なアオダモではありますが、すくすくと育っている模様でした。5株ほどがひとまとめになったものを植えられたそうで、幹の太さもすこしバラつきがみられ、今回はひこばえとして新たに生えてきた若い枝に一新するという方向で、剪定というよりは、今までの成長した幹を伐採するような作業を行わせて頂きました。

作業前 アオダモ剪定
剪定・支柱による添え木作業後 アオダモ

まずは4本の太く育った幹を手ノコで伐採し、新たに出てきたひこばえをそのまま株立ちとして育てるのですが、そのままにしておくと、どうしても横へ横へと広がってしまうため、お客様に女竹をご用意頂き、それを支柱にして幹が固まるまで添え木にしておいて頂くことに致しました。
また作業の他に、お庭にあります色んな草花や庭木をご一緒に見せて頂きながら、ご質問なども頂き、お話させて頂きました。帰り際には飲み物のも持たせて下さりありがとうございました。お陰様で楽しく仕事をさせて頂けました。またお困りの際はご連絡お待ちしております。本日はありがとうございました。

PM.桜とライラックの剪定

続いて午後から伺わせて頂きましたお客様は、昨年に御自宅のモミジの剪定をご依頼下さったお客様のご実家で、昨年にご連絡を頂いては、お見積りもさせて頂いたのですが、昨年はお客様からのお申し出により一旦保留にさせて頂き、今年改めて作業を行わせて頂きました。

ライラック・桜 剪定前
ライラック・桜 剪定後

写真では右端にお隣様の桜の木が写り込んでいるため、少しわかり辛くなってしまってますが、写真ほぼ中央にお客様宅の桜があり、その左側に少し小ぶりなライラックがあるという状況です。
どちらも出来る限り小さくして欲しいというご希望があり、ぎりぎり樹形を維持できるくらいで、最大限小さくさせて頂くつもりで剪定を行わせて頂きました。どちらも8尺の三脚を用いて剪定ばさみで枝葉を透きながら、ふた回りほど小さく剪定させて頂いております。また春先にはツツジ類の剪定もご希望下さっており、もしよろしければ、ツツジの花が咲いたころにご連絡頂き、咲き終わる頃に剪定作業へと伺わせて頂けると光栄です。帰り際に飲み物も持たせて下さり、ありがとうございました。