除草剤散布作業

今日は朝から1件、ご近所様のお見積りに伺わせて頂いた後、ご利用いただき始めてから今シーズンで4年目となりますリピーター様宅へ、春の除草剤散布とお庭清掃作業に伺わせて頂きました。
初めて作業に伺わせて頂いた4年前は、お庭全体が雑草に覆われてしまっており、道路沿いにあったコニファーも内側が完全に枯れてしまって、スカスカな状態でした。
お客様が喘息を患っておられ、雑草を徹底的に排除したいというご希望を受け、毎年春と秋に除草剤の散布作業を行なわせて頂くと同時に、内側が枯れてしまっていたコニファーの手入れやお庭清掃などのお手伝いをさせて頂くようになりました。

今では、草刈りを一切する必要がない土壌に改良され、コニファーも青々と葉が生い茂るようにまで回復しました。
次回はまた秋ごろに除草剤散布とお庭清掃に伺わせて頂くことで、雑草のないこのお庭の状態を維持管理していければと考えています。
いつもご利用下さりありがとうございます。

草刈り・除草剤散布作業など

今日は3年前より、夏に草刈り、そして春と秋には除草剤の散布作業をご依頼下さっているリピーター様宅へ、いつもと同じように草刈りと除草剤の散布、そしてコニファーの冬囲い(縄縛り)に伺わせて頂きました。
今年の雪融け時期にも伺わせて頂いて、除草剤を散布させて頂いたのですが、その効果も長く維持できており、今年は夏の草刈りをしないまま秋まで持ってくれた状況でした。
<Before草刈り>              <After草刈り>
 
今年は春に除草剤を撒いて以降、草刈りなどを1度も行うことなくこのお庭の状態を維持できており、薄っすらと生えた草をまずは草刈りし、フェンス近くや際などを手むしりで草を取り除いたうえで、いつものように粒状の除草剤を散布させて頂きました。

<Before>                  <After>
 
つづいてコニファー周りの除草剤を散布できない場所の草刈りと草むしりを行い、雪の重みで枝が外側へ開いたり、折れたりしないよう、縄で思いっきり締め上げるように縛りました。
このコニファーも実は3年前、かなり枯れこんでいたため、枯れ枝をすべて落として透か透かな状態から再生してここまで育ちました。この冬も枝を折ることなく春を迎えられればと思います。
帰り際にはたくさんの飲み物を持たせて下さりありがとうございました。
また来春、雪が解けたタイミングでご連絡を頂けると光栄です。本日もありがとうございました。

AM除草剤散布 PMオンコの枝落とし

今日はAMとPM、それぞれ1件ずつの計2件のお客さま宅で作業を行わせていただきました。
まずはAMのお客さまからです。こちらのお客さまは昨年より5度草刈りや除草剤散布、フェンスの取り付けなどでお世話になっているリピーターさま宅で、この秋の除草剤の散布を行わせていただきました。
昨年は草刈りも必要だったお庭なのですが、昨年は夏・秋の2回、今年は春先に1回除草剤を散布させていただき、ほぼ草刈りの必要性がなくなるほどのお庭になりました。
今回も少し勢いの良い草は、簡単に草むしりを行い、あとは草刈りをしないで除草剤の散布を行わせていただいております。
<除草剤散布させていただいたお庭>
img_7504
雑草が一番濃い部分の写真を撮ったのですが、1年を通して生えた雑草がこれだけということで、また来春にも同じく除草剤の散布に伺い、状況に応じては夏に草刈りor除草剤散布という方向でお話させて頂いております。
本日もありがとうございました。

そして1件お見積りに伺ったあと、PMのお客さま宅へ向かわせていただきました。
PMのお客さまも今年の夏のリピーターさまで、夏には白樺の枝が電線に触れてしまっていたため、その枝落としや、桜の木の枯れた部分の伐採を行わせて頂いたお客さまです。
今回は、毎年ご自身で冬囲いをなされているそうなのですが、昨年の雪でオンコの枝が折れてしまい、今年は冬囲いするにも出来る形じゃなくなってしまわれたそうで、その折れた枝を中心に、冬囲いが出来る形に枝を切って欲しいというご要望でした。
<Before>                  <After>
img_7508 img_7511
また、本当でしたら先週の木曜に伺う予定となっていたお客さまなのですが、トラックの修理という当方の都合により、日程をずらすことをご快諾くださり、本当に助けられたお客さまでもありました。
ですので、今回はこれも昨年の雪で折れてしまったとおっしゃっていたオンコの整枝作業と、簡単ではありますが、雪で枝が折れてしまわないように枝を縄で吊る作業を、お礼と言ってしまってはおこがましいのですが、行わせていただいております。
img_7514
本日もありがとうございました。

草刈り・除草剤散布

今日は7月初頭に春雑草の草刈りをご依頼いただいたお客さまから、
今度は夏雑草の草刈りをリピートでご希望いただきました。
そうなんです、雑草にも大きく分けて2種類あり、5月頃から生え始めて6月に最も勢力を増す春雑草と、
6月末あたりから生え始め7月に最も勢力を増す夏雑草があります。
前回は春雑草を刈りこみ、除草剤も散布させていただいたのですが、それでも雑草は強い!
ご依頼主様が喘息を患われているということで、10-15cmほどにしか伸びてはいないものの、
草という草をすべて刈り取ってほしいというご依頼を受けて、今回も作業をさせていただきました。
<After1>                          <After2>
IMG_3907 IMG_3908
いつものように刈払機(2枚歯)で、2周にわたり刈りこませていただき、手むしりも交えて綺麗になりました。
このお客さまには、また晩秋に粒状の除草剤を散布して欲しいというご希望もお聞かせいただいており、
どうにかこの夏雑草の刈りこみが、効果を持続してくれていることを願うばかりです。

また本日は2件のお見積り依頼をいただきました。
1件は土曜にホームページのフォームよりご入力頂いていたのですが、文字化けを起こしており、
どうにかお電話番号だけ解読して連絡をさせていただきました。(2日間もお待たせして申し訳ありませんでした)
また、もう1件は電話でのお問い合わせなのですが、こちらはポスティングチラシを保管して下さっており、
秋の気配の感じるこのタイミングでご連絡を下さいました。

こだま屋はホームページをご覧になり、ブログをお読みいただいて、ご連絡を下さるというケースが非常に多いのですが、たまにチラシをご覧になってというご連絡もうれしいものです。
また9月上旬に一部地域にはなりますが、ポスティング業者さんにお願いしてチラシの配布を予定しております。

草刈り

今日は久しぶりに草刈りのご依頼をいただきました。
いつものように、まずは大きな石や植木鉢などをよけさせていただき、
その後、2枚歯のカルマーを使って1周目。
草を集めてもう一度カルマーを使って2周目。。。と、
これでかなり刈りこめる訳ですし、地面が土の部分に関しては、歯を土にもぐらせて、
出来る限り根っこごと掘り起こすように刈らせていただいています。
<Before>                          <After>
IMG_3891 IMG_3892
仕上げに根っこから吸収させる粒状の除草剤をまいて、作業は完了です!
草刈りをせずに冬を迎えれば、いったんは草も枯れてくれるのですが、春の雪どけの頃、
枯れ果てた草ごみが大量で出てくると嫌になりますよね。
今回もそういう理由で、この時期の草刈りをご希望いただきました。

その後、2件お見積りに伺いました。
1件はご不在の中のお見積りで、たくさんの庭木があり、1本1本詳細を手紙にのこさせていただきました。
もう1件は広い裏庭がある素敵なお庭…というより素敵なガーデンといった感じのお宅でした。
そのお客さまとはついつい色々とお話させていただき、少々長居してしまったのですが、
作業も承らせていただくこととなり、作業当日、また色々とお話させて頂きながら進められることが今から楽しみです。
(余談:そちらのお庭には、私が個人的に欲しい「札幌軟石」が敷き詰められており、少しずつ苔もそだっており、
とても雰囲気の良いお庭でした。)

草刈り・草むしり

今日は草刈り・草むしり作業をご依頼いただきました。
今回は作業をさせていただいたお宅がご年配の方の独り暮らしでして、司法書士の先生が
ホームページを見てご依頼下さったという経緯でした。
<Before1>              <Before2>
IMG_3698 IMG_3699

<After1>         <After2>
IMG_3702 IMG_3706
お庭が相当広かったため、草集めと手むしりを義理の両親に手伝ってもらい、どうにかまる1日かけて終了しました。
そして作業後に除草剤(根から吸収させる粒状タイプ)を3kg散布させていただいております。
(介護ヘルパーさんにも除草剤散布の旨はお伝えしています)

作業後、司法書士の先生のお宅に集金に伺う予定となっておりましたが、
わざわざお忙しい合間をぬって、届けに来て下さり、本当に助かりました。
また、作業後の画像もお届けしようと思っていたのですが、作業途中(終盤)ではあったものの、
作業現場も実際にご覧いただけとても良かったです。

さらには、その先生より追加での作業見積もりのご依頼もいただき、
これから早速お送りしようと思っています。

今日は、ご依頼下さったお客さま・司法書士先生・手伝ってもらった義両親に感謝です。

草刈り・草むしり

今日は晴天に恵まれた中、午前中の見積もり後、
午後から草刈り・草むしり作業を行ってきました。
もともとお客さまの方で除草剤を散布されており、かなり綺麗なお庭ではありましたが、
お客さまが喘息を患っておられ、虫や花粉などが気になるのですべて刈り取って欲しいという
ご要望でした。
そして今日の作業後の写真がこちらです!

IMG_3496 IMG_3497
地面に小石もなく、平らな土地だったため、刈払機でかなり綺麗に刈り取れました。
また、際に関しては手作業で草むしりをし、ほとんど草という草がない状態にまで仕上がりました。

今回はお客さまが喘息で困ってらっしゃったので、お客さまのお持ちの粉タイプの除草剤ではなく、
私が用意した粒状の除草剤を散布しました。
粉だと風で舞い上がって、気管などに入ると大変ですからね。
また、念のため、お客さまには1度雨が降って、粒状の除草剤が地面に落ち着くまでは
あまり庭作業をしないで下さいとお伝えし、本日の作業を終えました。

ご依頼いただいたきっかけ、動機まで伺っての創意工夫した作業と、それに即したお話。
これからもこのスタイルを貫こうと思います。

草むしり

今日は途中、雨が降る中、お庭の草むしりを行いました。
まずはその仕上がりをご覧ください!

<Before>
IMG_3489 IMG_3488

<After>
IMG_3493 IMG_3494
どうです?頑張ったでしょ?!笑
今回は刈払機による草刈りではなく、可能な限り根っこから・・・という手作業での草むしりでした。
草刈りでもかなり深く刈り込んでいる自負はあるものの、やはり草むしりの方が断然時間もかかる分、
綺麗になりますよね。
今日は7時間、とにかくひとりで無心に草をむしり、むしり、ひたすらむしりました。
私自身の人生を振り返っても、ここまで何も考えず、ただひたすらに何かに集中するということが
あったのか?というくらいに、ただ目の前にある草をむしってました。
作業中、2時間ほど雨が降り、土もやわらかく、作業は進めやすかったです。

どうしても草刈りだと、2か月も経てば、かなり伸びてくるのが実情ですが、
草むしりであれば、1シーズンはほとんど雑草知らずのお庭を維持できると思います。
また、近くに植物がなければ、積雪前と融雪後に除草剤(根から吸収するタイプ)を蒔くと
より効果は高まります。

笹の草むしりと剪定・伐採

今日は笹の葉が庭に生い茂り、根っこごと処理して欲しいというご依頼でした。
雑草の中でも、笹はとても厄介です。根っこは地中でつながり、少しでも残ると
またどんどん生えてきます。
今回は土もやわらかいうえに雨上がりだったということもあり、
笹をむしる、引っこ抜くというより、庭の土を耕すように掘り起こし、
そして根っこごと処理するという方法をとりました。

<Before>              <After>

IMG_3430 IMG_3433
写真一番手前のイチイなど合計3本を伐採し、間延びしたシャクナゲやもみじなど4本を剪定し、
土を耕すように掘り起こしての笹を処理しました。
写真After(右)の白いものはビニール袋です。
イチイなどの伐採した切り株にチェーンソーで傷をつけ、除草剤を振りかけてビニールをかぶせました。こうすることで、6~12か月くらいはかかるでしょうけど、根っこも枯れ、抜根しやすくなるのです。ビニールをかけることで、雨風による除草剤の効果が薄れるということもなくなり、効果が長続きします。
どうしても伐採だけだと、切り株につまずいたりと危ないですし、抜根するとなるとショベルカーなどの重機も必要となり、費用も膨らみます。
時間はかかりますが、安心・低価格なこの方法はおすすめです。