ヒバ、オンコの芯止め作業

今日は過去に剪定や伐採など、複数回こだま屋をご利用下さったリピーター様からのご紹介で、お庭内の木の芯止めをして高さを落としてほしいというお客様宅で作業を行なわせて頂きました。
まずは到着後、ご挨拶ののち、お見積りから行わせて頂きました。
お客様宅は裏庭が開けており、その裏庭が複合商業施設の駐車場に隣接しておられ、その目隠しに植えられていたオンコやヒバの木が大きくなり過ぎてしまったため、高さを落として欲しいというご要望でした。お客様の方でも全部で9本ある木のうち、3本を手作業で進めておられていたそうなのですが、手作業だとあまりにも大変で、かつ切った枝木の処分にも困ってらっしゃったところ、ご近所様よりご紹介いただき、ご連絡下さったという経緯でした。
<Before>                 <After>
 
写真には6本の木(ヒバ3本、オンコ3本)が写っており、真ん中の2本を既にお客様にて切られていたので、その真ん中2本の高さに合わせるように、両サイドの計4本を切らせて頂きました。
作業としましては、芯の高さを揃えるために工業用スケールを用いて芯を2m、そこから30cmほど枝を残すようなイメージで高さを決め、小型チェーンソーと手ノコでどんどん切り進めました。
また、球根の草花や一部畑として野菜苗も植え始めてらっしゃるということで、足場にも細心の注意を行ないながら進めさせて頂きました。
途中、ご近所の方とお客様とが作業の様子を見ながら、声を掛けて下さり、春らしい日差しの下で気持ちよく作業を進めさせて頂きました。
また、この写真の他にも3本のオンコがあり、それらも同じ高さに揃えさせて頂いております。
仕上がりをご覧になられたお客様も、随分すっきりしたと喜んで下さっており、他にも数本の庭木を所有なされていることから、また声をかけさせてもらうというありがたいお言葉も頂いております。
また、帰り際には飲み物も持たせて下さり、本当にありがとうございました。

お客様に喜んで頂けることや、リピーター様として繰り返しご利用いただくこともうれしいのですが、
やはり、他人様にご紹介下さることが、本当にご満足頂けたんだという証しのようで、この上なくうれしい気持ちになります。こういったお客様を増やしていけるよう、今後も精進して参りたいと思います。本日もありがとうございました。

モミの木、モミジ、グミの木の剪定

今日は剪定4本をご依頼いただきました。
昨日・一昨日は札幌も30℃を越え、本当に暑かったのですが、
今日は朝から雨が降ったり止んだりで、気温も上がらず、身体がよく動きました。
今回は、裏やお隣の敷地にかかっている枝を落として欲しいというご要望のほか、
高さを3mくらいでそろえて欲しいというご要望でした。

<Before>          <After>
IMG_3549 IMG_3552
モミの木は中ほど(ちょうど切り詰めた後にてっぺんになるあたり)に、少し枯れがみられ、
形を整えることが出来なかったのですが、それでも高さを揃えることを優先して欲しいというご要望に
お応えさせていただきました。

また、作業中、知り合いの不動産業の方から連絡があり、
こだま屋にお客さまをご紹介いただけるという話をもらいました。

ポスティングをしたり、ホームページを手直ししたりと、
営業活動もゆるくはない中で、このようにご紹介いただけるとなると、
本当に感謝しなければなりません。
ご紹介いただいたからには、その方の顔に泥を塗るわけにもいかず、
いつもと同じく、気合いを十分に入れて、週末にまずはお見積へと伺いたいと思います。

草刈りと桜の剪定

昨日は日帰りで東京に研修へ行っておりました。
そして今日、午前中はチラシのポスティング業者さんと打ち合わせを行い、
午後から2日ぶりの作業に汗を流しました。

今日は草刈りと桜の剪定です。
今回のご依頼の経緯は、庭に猫が住み着いてしまい、ご依頼主さまご一家は猫が苦手。
せっかくの広い裏庭に5月以降出ることが出来ないというものでした。
ですので、まずはいつものように根元から草刈り!!としてしまうと、
住み着いた猫を傷つけてしまう恐れもあったため、雑草を刈り込む前に裏庭を隅々まで歩いて
猫が留守なのを確認。それでも見落としの可能性があるとかわいそうなので、
草の丈を半分くらいに刈り込みながら、猫がいないことを再確認しての作業をしました。
<Before>               <After>
IMG_3529 IMG_3534

そして草刈りがひと段落してから、桜の剪定。
桜は横に広がり過ぎた部分をスッキリさせて欲しいというご要望でした。
また、これから札幌は雨が多くなり、気温もあがります。
ここで強い剪定をし過ぎてしまっては、今まで通り根っこから水分を吸い上げるのに対し、
その水分を蒸散する葉が減り過ぎてしまい、木自体が腐る恐れがあります。
ですので、剪定という剪定は行わず、両脇に伸びた太枝をバッサリ落として、あとは少し形を整える程度にさせていただきました。
<Before>         <After>
IMG_3532 IMG_3535

今日も作業やら何やらで、そのあとお伺いした見積もりのお客さまをお待たせしてしまい、
19時15分からのお見積となりました。
それでも奥さま・お嬢さまとご一緒に庭木をみながら、色々と楽しくお話させていただきました。
また、作業もご依頼いただけるだけでなく、ご近所に紹介してあげるからチラシを頂戴とまで
おっしゃっていただき、ありがたい限りです。
今日も5部、チラシを手渡しさせていただきましたが、そのお言葉に甘えて、
作業日当日も追加で持って行かせていただきます(笑)

イチイの刈り込み

今日は以前 赤松の剪定をさせていただいたお客さまの紹介で、
ご近所のイチイの剪定2本のご依頼でした。
今日もご紹介くださったお客さまとお会いし、お礼をお伝えしたのですが、
ご紹介いただくというのは職人として本当にうれしいものです。
改めてこの場をお借りし、お礼申し上げます。

さて、今日のイチイですが、いままではお客さまご自身が剪定ばさみでパチパチと刈ってたらしいのですが、なかなか剪定ばさみだと時間もかかって大変だということと、そのご紹介を受けて、
ご依頼くださりました。
もともと段違いに刈り込まれており、今日はその伸びた分を切り戻して欲しいというご要望でした。

イチイの剪定は、従来、秋口にするものだと一般的には言われています。
どうしても夏場に新芽が伸びて、樹形が崩れるからなのですが、
今回はその夏場にしっかりと陽と風を通し、葉にボリュームをつけたいというご要望もあり、
この時期にしっかり刈り込ませていただきました。

IMG_3370

刈込ばさみで刈り込み、剪定ばさみで仕上げて・・・綺麗な玉が16個と13個の2本分で計29個!
3時間かけて仕上げました。